医療法人[社団]寺田病院
ホームヘ
  診療のご案内 施設のご案内 理念 病院の概要 交通のご案内
 

看護部より

看護部の紹介

看護部長ご挨拶

私たちの職場
    やさしい看護を求めて

寺田病院は、奈良県との県境に位置した 人口85000人の名張市に あり、周囲には春には 央公園の760本の 桜が咲き誇り、秋は赤目四十八 滝の紅葉など、自然に恵まれた環境にあります。昭和52年3月開設し、今年で満30周年を迎えました。病院の理念である、「地域の皆様に親しまれ信頼される医療サービスを目指します」 を目標として、現在職員250人

医療法人[社団]寺田病院 理事長 寺田紀彦

看護部長 福田由美子

理念に向かって日々邁進しています。  一般病床55床、療養80床(医療40床、介護40床)の135床で、看護体制は、一般病棟10対1の2交替制をとっています。平均在院日数は16.5日程で、胃腸科の手術・検査にと忙しい日々を送っています。外来部門では、内視鏡検査・乳腺外来・健診センターがあります。
  平成16年9月オーダリングシステム、17年2月看護支援システムを導入し、業務の改善を行いました。平成15年9月、病院機能評価の認定を受け、来年、平成20年の認定更新に向けて大きな山頂に挑戦しなければと考えております。
 平成17年より3ヵ年計画で三重県看護職員離職対策モデル事業に参加させて頂きました。アドバイザーの坂田直美先生のご指導のもと、健診から介護までを統合的にカバーする事ができる「小規模多機能病院」の特色を活かした看護サービスを目指すことで、魅力ある職場づくり、看護の理念「やさしい看護」を追求していきます。
  そして寺田病院の優しい看護とは、 「私たちは、患者様の考え方やお気持ちを尊重し、その人らしくより健康で、安寧な日々を過ごしていただけるように、ご家族と力を合わせて支援させて頂きます。」 と挙げました。

 5年後の夢
「小規模多機能病院として特性を活かして健診から看取りまで、専門性を活かした継続看護を充実させる。」

 併設事業に、訪問看護ステーション・在宅介護支援センター・居宅介護支援事業所・訪問介護ヘルパーステーション・通所リハビリテーション等があり、訪問看護ステーションは24時間体勢で取り組んでおり、末期癌の患者様の在宅支援にも多く携わっています。今はますます在宅支援が重視される中、密な連携をとりながら「地域の皆様に愛される病院づくり」をと考えております。
 そして長い間念願でありました院内保育所が平成19年2月より開所となり、現在8名の園児たちが優しい保育士のもとで大きく育っています。


 

 

 
Terada Hospital