医療法人[社団]寺田病院
ホームヘ
  診療のご案内 施設のご案内 理念 病院の概要 交通のご案内
 

病院だより

業務改善委員会からのお知らせ −第4号−

1.「主治医」から「担当医」へ

当院ではかねてより、複数の医師によるチーム医療を中心に診療を行なってまいりました。外来では患者様のご希望を優先していますが、基本的には病院に所属する医師全員が患者様お一人ずつのカルテを中心に診せていただいております。また、入院では「主治医」がそれぞれの患者様を拝見しておりますが、必ず院長を中心とした複数の医師で検討しながら、検査や治療を進めてまいりました。もちろん手術や内視鏡的治療では、一人の医師で行なうことはできませんので、必ず複数の医師で協力して行なっております。当院ではこれを「チーム医療」として、開院以来実施して現在に至っております。

「主治医」から「担当医」へ

もちろん手術や内視鏡的治療では、一人の医師で行なうことはできませんので、必ず複数の医師で協力して行なっております。当院ではこれを「チーム医療」として、開院以来実施して現在に至っております。
 当委員会では、今回検討を重ねまして、この「チーム医療」という考え方をより良くご理解いただくために、今後は入院患者様の診療にあたって、従来の責任者としての医師の呼び方を「主治医」から「担当医」に変更し使用したいと思います。担当医が各患者様の診療の責任者であることはもちろんですが、すべての検査や治療などの重要な問題は病院の医師団で検討し決定するということです。
 よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。



2.セカンド・オピニオンについて

 最近の医療情勢の変化や患者様方の医療への関心の高まりから、当院では以前から取り組んでいるセカンド・オピニオンを推進していきたいと思います。

セカンド・オピニオンについて

 セカンド・オピニオンとは、第2の意見、あるいは考えという意味で、医療の世界では、一人の医師の判断だけではなく、別の(第2の)医師の判断や考え(オピニオン)を取り入れようというものです。このことによって、誤っていたり偏った診療におちいることを予防するとともに、患者様ご自身やご家族の方々が、これからお受けになる検査や治療の選択、必要性の確認、さらにはそうしたことへの理解を深めていただけることになります。先に述べましたように、当院では「チーム医療」を実践してまいりましたが、このことはとりもなおさず院内でのセカンド・オピニオンの採用ということでもあります。
 また、当院以外の別の施設の先生方のご意見やお考えも参考にしたいと思われる患者様やご家族がおられれば、積極的にご協力させていただきたいと考えています。もちろん、セカンド・オピニオンを希望したからといっても、病院を変わるということではありません。セカンド・オピニオンを取り入れた上で、引き続き当院での治療を受けていただけます。
 ご希望がありましたら、ご遠慮なくお気軽にご相談下さい。


 
Terada Hospital