医療法人[社団]寺田病院
ホームヘ
  診療のご案内 施設のご案内 理念 病院の概要 交通のご案内
 

クリニカルパス

クリニカルパスって何? その2


副院長 板野 聡

 前回はクリニカルパスの概要についてご説明いたしました。今回は当院での取り組みをご紹介いたしましょう。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 当院ではまず、導入しやすい手術症例から開始しました。作業工程という考えからは、手術という「作業」が適していたからです(図1)。導入に当たり、手術の準備や手術自体、さらには術後の経過観察項目の見直しが必要になり、使う薬剤も一定の内容に統一しました。その結果、個々の医師による指示の差がなくなり、薬剤管理に関しても無駄や間違いがなくなりました。そして医師にとっても、手術が予定通りに行われるためのプレッシャーを与えられることになり、さらなる技術の向上が求められることにもなりました。クリニカルパス通りにいかなかった場合(これをバリアンスと呼びます)、その原因を検討して反省し、次の患者様に備えることができます。原因には、治療をする医師側に問題がある場合や、患者様側の状態が原因である場合もありますが、クリニカルバス自体に無理があったという場合もあり、それが反省につながるわけです。
 こうして当院では、平成12年から職員用クリニカルパスの使用を開始し、幾度かの改訂を加えて現在に至っていますが、成果として、入院期間の短縮化や不要な検査の削減、効率の良いきめ細やかな看護ということがあげられます。一般には、在院日数の減少や院内での作業効率の改善、さらに、事故の予防と減少が報告されています。また、財政の厳しい折に個々の患者様の医療費負担も軽減され、その一方で医療施設側では効率を上げることで収益増大が見込めるとされています。


図1 職員用クリニカルパス(腹腔鏡下胆嚢摘出術入院計画表)
図1 職員用クリニカルパス(腹腔鏡下胆嚢摘出術入院計画表)

 当院では、手術といった外科分野だけでなく、最近では内科的な疾患に対しても一定の検査や治療の標準化を図る意味でクリニカルパスの使用を開始しています。同じ病気であれば治療期間に差はあっても、必要な検査や治療(使用薬剤)の標準化は可能であると考えるからです(図2)。このことはやはり、各医師間の経験や技術の違いを是正し、個々の患者様にご提供する「医療」の均一化と向上に直結するものであり、ともに医療に関わる看護部門や薬局、検査という各部署との情報の共有化を可能にするものと思われます。


図2 糖尿病 教育入院プログラム
図2 糖尿病 教育入院プログラム


 さらに当院では、平成14年から「患者様用クリニカルパス」を使用しています(図3)。これは患者様にお渡しするもので、いわば「療養計画(予定)表」ともいえるものです。外来で診断がついた患者様はもちろん、検査入院の方でも、入院から治療、そして退院までの療養計画をあらかじめお渡ししています。患者様の「入院してから、一体どうなるのだろう」「手術から退院までどれくらいの日数がかかるのだろう」という不安は、各担当医の口頭による説明だけでなく、文書で標準的な予定をお示しすることで和らげることができると考えての決断でした。この「患者様用クリニカルパス」は患者様よりも我々医療スタッフにプレッシャーがかかるという一面があります。一般的な「標準的治療」からの逸脱は患者様にはすぐにわかるからです。
 現在は「病気は医者が治す」という時代ではありません。「患者様の病気に対して、医師は患者様といっしょに治療し、患者様ご自身の力で治っていただく」という考え方になっています。この時代変化をふまえれば、この決断は正しかったと確信していますし、やはり患者様の協力がなければ良くなるものも治りはしないからです。


図3 患者様用クリニカルパス(内視鏡による胆嚢の手術をお受けになる方へ)
図3 患者様用クリニカルパス(内視鏡による胆嚢の手術をお受けになる方へ)


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 クリニカルパスについて、あるいは当院での取り組みについてご説明してまいりましたが、ご理解いただけましたでしょうか。疑問に思うことや、もっと知りたいということがありましたら、メールでお問い合わせ下さい。

 
Terada Hospital